Skip to content

\LINEで/

バス置き去り事故を

“確実”に 防止

置き去りを知らせるのではなく、
“確認の怠り”を防ぐためのシステムです。
(特許出願済)

簡単・確実・月額無料

車内は完全に“電池レス”

電池交換は永久に不要です

価格:取付費込25万円  (税込み・取付費込)
価格:取付費込25万円 (税込み・取付費込)

徹底した抑止フロー

もしも運転手が後方の確認を怠ると、すぐに誰かが気づきます!

エンジンを切ると

「エンジンを切った」という信号が、園内の受信機に送信。

第1の回転灯が点灯

第1の回転灯が点灯。職員にバスの到着を周知します。

後方を確認したあと、後方確認ボタンを押す

運転手はバスに誰もいないことを確認して押します。

第1の回転灯が消える。つまり回転灯がついたままであれば、運転手は確認を起こったっていることになります。

②で点灯中の回転灯が消灯。後方確認ボタンを押したと周知。

幾重ものセーフティーネット

①:後方確認を怠ると

後方確認を怠ったら第1の回転灯がついたまま
前述のフローから、第1の回転灯が点灯しているということは、運転手が後方を確認をしていないことになります。

②:更に3分経過すると

更に一定時間経過すると、第2の回転灯が点灯
エンジンを切ったあと、一定時間「後方確認ボタン」を押していない場合、園内の回転灯やブザーで発報します!

③:緊急ボタン

緊急ボタンも配備。リモコンボタンはなんと電池レス。
「緊急ボタン」を押すと、無条件で「第2の回転灯」が点灯。緊急ボタンなんと電池レス!!だから “電池切れ” は無し!!

保護者にLINEで通知

LINEを受け取る保護者

6種類のメッセージを用意

  1. 「エンジンを切りました。」
  2. 「後方確認ボタンを押しました。」
  3. 「後方確認ボタンを押していません!」
  4. 「後方確認ボタンのテストです。」
  5. 「緊急ボタンが押されました!!」
  6. 「緊急ボタンを解除しました。」

登録はとても簡単!!

グーグル・スプレッド・シートに自動記録

  1. 「エンジンを切りました。」
  2. 「後方確認ボタンを押しました。」
  3. 「後方確認ボタンを押していません!」
  4. 「後方確認ボタンのテストです。」
  5. 「緊急ボタンが押されました!!」
  6. 「緊急ボタンを解除しました。」

これらが職員のパソコンに自動入力!!

Google Sheetsにもログを打刻。
職員のPCに自動打刻!!

更なるセーフティーネット

1. 車内は全て電池レス!!

各リモコンは、「電池レス」のリモコンを使用します。電池切れはもちろん交換も不要です。

2.車載バッテリーは使いません

車載バッテリーも使いません。ゴールデンウイークはもちろん夏休みそのままでもOKです。

3. 訓練はいつでもできます!!

緊急時の警報音はバスではなく、職員室のブザーを鳴らします。近隣に気兼ねすることなく、訓練ができます。

4.機器の故障はその日に気づきます

「機器の故障は、本当の事故が起こらないと気づかない。」そんな心配はありません!!

「もう悲しい事故は起こしたくない。」

2022年9月に起きた通園バスの園児に置き去り事故。亡くなった園児のことを思うと、非常に大きなショックを受けました。
事故後、連日テレビやネットニュースでは、様々な対策システムが取り上げられていましたが、その多くに疑問を持つようになり、開発に至りました。

本システムは、”後方確認の怠り”を極限までゼロに近づけたシステム。
職員の負担も考えて設計しております。

もう悲しい事故は起こしたくない!

よくある質問

Q ) 機器が故障したら気づきますか?
A ) 気づきます。例えば後方確認ボタンが故障すると、保護者にLINEが届かなかったり、アンサーバックのブザーが鳴りません。その他各機器に異変が起こると、毎日のタスクで「あれ?」と気づく工夫が凝らされております。

Q ) RFリモコンの電波は約何m飛びますか?
A ) 約50Mです。

Q ) LINE以外に保護者に知らせる方法はありますか?
A ) メールは技術的には可能です。(運用方法に課題があります)

お問い合わせ

本システムについて、ご関心を持って頂きまして、ありがとうございます。
なお本システムは、株式会社グリーンワークス(本社:大阪市)が運営しております。
(>>株式会社グリーンワークスの公式HP)

    あなたについて

    文字数:0